高クオリティの互換インクやリサイクルトナーを使おう

カラーチャート

コピー機を使用するなら

会社でコピー機や複合機が必要となった場合には、購入するのではなくリースを検討してはいかがでしょうか?リースだと利用する料金を、経費として落とすことが可能となります。また、使用する機種も最新のものを使用することができ、初期費用が掛からないので、うまく資金繰りをすることができます。

インク

リースする時のポイントは?

コピー機をリースするなら、月々の利用料金だけでなく、使用し続けた際にトータルでいくらかかるのかを計算することがポイントです。また、使用中に不具合が生じた場合にも、しっかりメンテナンスをしてくれるサポートがあるかを確認しておきましょう。

CMYK

互換インクやリサイクルトナーで経費削減!

コピーやプリントにかかる経費を抑えたい場合には、互換インクやリサイクルトナーを使用することがおすすめです。品質や故障が心配だという方もいますが、最近の製品は純正のものとあまり相違がないほど、クオリティも高くなっています。しかし、プリンターによっては対応していないものもありますので、インクカートリッジを購入する前に対応表を確認しておきましょう。

互換インクをおすすめしたい場所は?

カラーチャート
no.1

教育施設

印刷する機会が最も多いであろう、学校や塾などの教育施設などには、ぜひ互換インクを使用することをおすすめします。1回の授業でも、使用するプリントの枚数は多くなり、それが年間ともなると莫大な量になります。互換インクやリサイクルトナーを利用することで、印刷費用を大幅に削減することができます。

no.2

営業職の現場

次におすすめしたいのは、職場の中でも営業を担当している部署です。職場内でプレゼンを行う際にも、資料準備として印刷物が必要となります。また、取引先との営業にも書類が必要となり、日常的にコピーやプリンターを利用するので、インクも低価格のものを利用するとよいでしょう。

no.3

薬局

処方箋薬局の場合、患者さんに薬を渡す際には、一緒に処方箋を印刷して渡す必要があります。それに加え、領収書などの発行で印刷物も多くなるので、互換インクを使用することをおすすめします。

no.4

サービスカウンター

スーパーやデパートなどのサービスカウンタ―は、贈答用にのしを印刷する機会が多くなります。また、シーズンなどのによってはベタ文字ののしを大量に印刷する必要があります。贈答される際にはきれいな印刷が求められますが、のし自体はすぐに破棄されることが多いので、互換インクで十分クオリティの高い印刷をすることができます。