リースをすればコピー機を手軽に手に入れることができる

HOME>お役立ち情報>黒字運営をしたいならコピー機をリースするに限る

黒字運営をしたいならコピー機をリースするに限る

男の人

会計処理が簡略化できます

近年のオフィスには欠かせない設備となったコピー機ですが、コピー機を導入するのであれば購入よりもリースがおすすめです。コピー機のリースには様々なメリットがあります。リースの場合には購入とは異なり所有権は移転しませんので、減価償却などの面倒な会計処理を省略することができます。高額なコピー機を導入しても固定資産税などの支払いは発生しませんし、月々のリース料を費用計上することができますので、会計処理の軽減のためにも効果的なのです。さらにコピー機は技術の発達が早く、最新の機種を導入しても短期間で旧式化してしまうことになります。リースであれば定期的な機種の入れ替えができますので、常に最新機器を使用したい場合にも最適だといえるでしょう。

ウーマン

利用には審査が必要です

リースはコピー機の貸し出しであり、その所有権はあくまでもリース会社が有することになります。コピー機のリースを利用するためには銀行からの融資やローンなどと同様に、審査を受けてこれに通過することが必要とされるのです。十分な事業実績があれば審査には問題なく通過することができますが、新規開業の場合などには審査に通らないことがあります。さらにコピー機のリースは新品のみとなり、中古のコピー機を利用することはできないのです。リースの審査に通過することが難しい場合や、最新の機種でなくても良いのでできるだけ安く利用したい場合などには、中古コピー機の分割購入を検討してみてください。中古であれば安価で購入することができますし、月々の支払いの負担も少額でOKです。